資産運用

初心者が知っておくべきFXの魅力と注意点、おすすめの通貨ペアとは?

  1. HOME >
  2. 資産運用 >

初心者が知っておくべきFXの魅力と注意点、おすすめの通貨ペアとは?

 

投資にもいろいろなアプローチがありますが、その中でもFXは特に注目を集めています。

 

その理由はやはりFXならではの魅力です。

 

今回はFXの魅力と注意点、おすすめの通貨ペアについて解説していきます。

 

\『スマホでスピード本人確認』の利用なら最短1時間で取引開始!/

【DMM.com証券】DMM FX新規口座開設

 

FXに関する4つの魅力

【価格が上がっても下がっても利益を狙える】

 

FXというのは通貨と通貨を交換して、そのときの差額で利益を狙っていくものになります。

 

そのため、円安や円高といったものに左右されず、通貨の価値が変われば利益を狙っていけるのです。

 

差額がポイントになってきますので、価格が上がっても下がっても利益を狙えます。

 

【資金が少なくても始められる】

 

FXにはレバレッジというものがあります。

 

レバレッジというのは資金効率を高めるもので、例えば口座にある1万円の資金に対して20倍のレバレッジをかければ20万円分の取引ができるようになります。

 

逆に言えば、20万円分の取引をするのにその20分の1の資金が口座にあればOKということになります。

 

国内のFX業者であれば最大レバレッジは25倍までとなっており、海外のFX業者であれば何百倍、何千倍というレバレッジも珍しくありません。

 

少ない資金でもレバレッジによって、口座にある資金以上の取引が可能になるのです。

 

【平日であれば24時間いつでも取引が可能】

 

FXの場合、平日であれば24時間いつでも取引が可能となっています。

 

外国為替というのはそれこそ世界中で常に取引がなされていますので、誰にでもいつでもチャンスがあります。

 

インターネットが使える環境にあれば、いつでもどこでもOKです。

 

【取引手数料は基本的に無料】

 

FX業者による部分もあるのですが、基本的にはFXにおける取引手数料というのは無料となっているケースが多いです。

 

もちろん、だからといってFXをする上で手数料が一切かからないというわけではないのですが、コストを抑えながら取引をおこなっていくことができるでしょう。

 

FXの注意点

 

さまざまな魅力を持っているFXなのですが、だからといって何の注意も必要ないというわけではありません。

 

FXの取引をおこなっていく上ではいくつかの注意点があります。

 

特に、初心者の方はこれらの注意点を十分に理解しておく必要があります。

 

【ロスカットの発生】

 

ロスカットというのは損切りのことです。

 

為替相場は常に予想通りに動くとは限りません。

 

予想外の値動きとなった場合に強制的に損切りされて取引が終了するいわゆる強制ロスカットになる可能性もあるのです。

 

強制ロスカットというのは損失が大きくなる前に取引を自動的に強制終了させるものなのですが、基本的に強制ロスカットというのはFX口座の純資産、つまり口座残高と約定評価損益を合わせたものが減ってしまい、純資産額が必要証拠金を割り込むと発生します。

 

強制ロスカットはいわば最後の最後で発動するセーフガードのようなものなのですが、強制ロスカットに頼らずに済むように自分で損失を確定する価格を決めることも選択肢のひとつです。

 

【為替の変動】

 

当たり前のことなのですが、為替というのはさまざまなものの影響を受けながら変動していきます。

 

予想通りになるとは限りませんし、為替の動きはFXトレーダーひとりがどうこうできるものではありません。

 

そこには常に一定のリスクがあることを理解しておきましょう。

 

【金利の変動】

 

スワップポイントというのは、ふたつの通貨の金利差によって発生するものです。

 

プラスになれば利益になりますが、マイナスになれば損失となります。

 

それぞれの通貨の金利差というのは逆転する可能性もありますし、金利差の縮小などによって相場が下落するようなこともあります

 

こういった金利の変動にも注意が必要です。

 

【常に希望通りのFX取引ができるわけではない】

 

FXではさまざまな国の通貨を取り扱うことになるのですが、国によって日本にはない祝祭日があることもありますし、時差といったものもあります。

 

そのため、自分が希望していたとしてもタイミングによっては思うような取引ができないこともあるのです。

 

初心者の方は特に日本にいる今の自分を中心に考えてしまうものですが、もっと広い視野で取引をおこなっていかなければいけません。

 

常に売買の参加者がいるとは限りませんし、売買の参加者がいなければ取引量も不安定になります。

 

【スリッページの発生】

 

FXで注文を出したとき、それがそのまま反映されるとは限りません。

 

注文を出したときのレートと実際に約定したレートとの間には、差が出てしまいます。

 

これをスリッページというのですが、初心者の方も含めて多少のスリッページはあるものとして考えておいたほうがいいです。

 

ただ、為替相場が大きく動いたときにはスリッページが大きくなり、希望していた価格ではないまま注文が成立してしまうこともあるのです。

 

約定率の高いFX業者を利用することによってある程度のリスクは回避することができますが、それでも100%はないのです。注意しておきましょう。

 

通貨ペアの種類について

 

世界中にさまざまな通貨が存在しているように、FXでの通貨ペアの種類も膨大なものとなっています。

 

その中で日本円と組み合わせになっている通貨ペアとしては、「米ドル/円」「ユーロ/円」「ポンド/円」「豪ドル/円」「ニュージーランドドル/円」「スイスフラン/円」「カナダドル/円」「南アフリカランド/円」「トルコリラ/円」「メキシコペソ/円」「中国人民元/円」「香港ドル/円」「シンガポールドル/円」「ポーランドズロチ/円」「ノルウェークローネ/円」「スウェーデンクローナ/円」といったものが挙げられます。

 

他にも米ドルと組み合わせになっている通貨ペアもありますし、ポンドや豪ドル、スイスフランが決済通貨になっているような通貨ペアもあります。

 

初心者におすすめの通貨ペアとは?

 

さまざまな通貨ペアがあるわけですが、その中で初心者が押さえておくべきは3つのポイントです。

 

ひとつは取引が活発におこなわれている流動性の高いもの、もうひとつはコストを抑えられるようなスプレッドが狭いもの、そして最後のひとつが情報を仕入れやすいものです。

 

流動性が高ければ希望通りの取引が成立しやすくなりますし、トレンド、つまり値動きの傾向もつかみやすくなります。

 

また、スプレッドというのは先で説明した取引手数料にあたる部分になりますので、狭ければ狭いほどコストを抑えながら利益を確保することができます。

 

そして、FXの取引においてはリサーチというものが欠かせません。

 

特に初心者の方であれば探り探りでさまざまな情報を仕入れながら進めていくことになるでしょう。

 

そうなるとやはり情報を仕入れやすい通貨ペアが望ましいのです。

 

これらの3つのポイントを押さえているのが、米ドル/円です。

 

取引量が多いので取引が成立しやすく、傾向もつかみやすいです。

 

その上、スプレッドは数ある通貨ペアの中でもトップクラスに狭く、日本では米ドル/円の情報も仕入れやすいのです。

 

FX初心者ということであれば、まずは米ドル/円の通貨ペアでFX取引をおこなっていくことをおすすめします。

 

もしスワップポイント目当てでのFX取引をおこなっていくのであれば豪ドル/円がおすすめです。

 

逆に、不安定でリスクが大きくなりやすい新興国通貨はおすすめできません

 

\『スマホでスピード本人確認』の利用なら最短1時間で取引開始!/

【DMM.com証券】DMM FX新規口座開設

 

-資産運用

© 2021 ネットワークビジネス&ネット副業ブログ