資産運用

少額不動産投資とは?メリット・デメリットは?月1万円台で不動産投資!

  1. HOME >
  2. 資産運用 >

少額不動産投資とは?メリット・デメリットは?月1万円台で不動産投資!

 

基本的に「月々1万円程度でスタートできる不動産投資」のことを少額不動産投資と言います。

 

少額不動産投資には主に4種類あります。

 

少額不動産投資1:不動産投資信託(REIT)

 

「不動産投資会社」が出資者から資金を集め、物件を運用します。

 

運用によって「物件の売却益」や「家賃収入」が発生すると、それが出資者に配当されることになります。

 

「運用中のリスク管理」を不動産投資会社に丸投げできます。

 

また、物件のオーナーになるわけでもありません。

 

そのため「不動産」という部分に目を向けず、「普通の投資商品の一種」と考えておいたほうが理解しやすいはずです。

 

少額不動産投資2:不動産小口化商品

 

「1つの建物に対して、何人もの出資者が投資する」という形式です。

 

「物件は、投資者たちが共同で所有する」ことになります。

 

ただ、管理会社が運営・管理をしてくれますから、こちらに関しても「ほぼ丸投げできる」と言えます。

 

REITとの差が分かりにくいかもしれませんが、まとめると以下の通りです。

 

REIT:物件の所有者にならないため、都市計画税・固定資産税・不動産取得税がかからない

不動産小口化商品:物件の所有者になるため、都市計画税・固定資産税・不動産取得税がかかる

 

「税金が課せられる」というのはデメリットでしょうが、「不動産を部分的に所有する」という扱いになりますから、相続税対策として活用できる場合があります。

 

少額不動産投資3:クラウドファンディング

 

「あるプロジェクトに対して、何人もの出資者が資金を投じる投資方法」のことをクラウドファンディングと言います。

 

「目標金額」はプロジェクトにより違います。

 

また、出資金額次第で待遇(見返り)が異なります。

 

「クラウドファンディングサイト」があり、そこが窓口となります。

 

そして目標金額をクリアすると、プロジェクトが始まります。

 

そして、「クラウドファンディングサイトを使う」という点がユニークなだけで、「不動産小口化商品」とシステムはほとんど一緒です。

 

ですが、クラウドファンディングサイトには「ネット上で容易に購入可能」というメリットがあります。

 

ただし、「人気のあるプロジェクトはすぐに目標金額に到達しやすく、投資しにくい」というデメリットがあることも否定できません。

 

少額不動産投資4:「他人資本」での投資

 

マンションのどこかのワンルームに対して「他人資本」で投資するという手法があります。

 

「マンションの一室を買って、家賃収入を得る」わけですから、購入金額そのものは高くなります。

 

しかしローンを組むことで、「月々の家賃収入>月々のローン返済額」とすることができればいいわけです。

 

返済金額が比較的高額になる場合も多いですが、探せば月々1万円程度でスタートできるものも見つかります。

 

少額不動産投資の主なメリット|手軽な不動産投資!

 

それは少額不動産投資のメリットを挙げていきましょう。

 

1:簡単に不動産投資をスタートすることができる

 

1万円ほどの少額で不動産投資を開始することができますし、ローンを組まずとも行えます。

 

そのため、「ローンで弾かれそう」「自己資金をあまり用意できない」という人にもおすすめです。

 

「不動産投資は数百万円~数千万円の資金がないとできない」という認識は間違っています!

 

 

2:だんだんと投資の規模を拡大することが可能

 

繰り返しになりますが、少額不動産投資をするにあたっては、「運用・物件管理の手間」はほとんどかかりません。

 

そのため、投資先が1つであっても、5つであっても、10つであっても手間はほぼ変わりません。

 

ですから、無理なく投資の規模を拡大していくことができます。

 

もちろん「不動産投資で得た資金を、別のジャンルの投資に使う」という選択肢もあります。

 

3:赤字になっても節税効果が発生する可能性がある

 

「不動産運用における所得が(会計上)赤字になった」とします。

 

この場合、「総所得金額」から赤字分が控除されることになります。

 

つまり、節税になる場合があるということです。

 

少額不動産投資のデメリットと注意点

 

次に少額不動産投資の主なデメリットと気を付けるべきことを紹介していきます。

 

1:投資可能な対象はそれほど多くありません

 

単純に「『少額』という条件があるため、投資対象が狭まる」という意味です。

 

不動産投資においては、「好条件の物件」ほど高くなる傾向にあります。

 

「物件を直接購入」するのであれば、条件のいい物件は選択肢から外れるものと考えましょう。

 

また、REITについても「1口1万円台」になるケースはかなり少ないです。

 

そのため、資金に余裕がある場合は、「どうしても1万円くらいにおさめないと!」とこだわるのはナンセンスと言えます。

 

2:REITでは手数料が発生する

 

REITには「不動産投資の運用益の90パーセント程度が配当される」というメリットがあります。

 

ただ、あくまで「投資信託」ですから手数料が発生します。

 

この手数料のことを考慮していないと、「思っていたよりも稼げない」という事態になりかねないので注意が必要です。

 

また、投資信託ですので「利益保証」「元本保証」がありません。

 

さらに、「普段は利益率がそれほど高くないものの、物件の売却益の影響で一時的に利益率がアップしている」というケースもあるので気を付けましょう。

 

3:すぐに大きな利益を出すことはできない

 

言うまでもないかもしれませんが、「少額不動産投資」ですぐに大きな利益を発生させることはできません。

 

あくまで、「長い目で見て、資産を形成していく」つもりで始めることをおすすめします。

 

また、「少額不動産投資でそれなりに資産ができたら、その後どうするか」も考えておきましょう。

 

「特に何も変えずに継続する」

「投資先を増やす」

「他のジャンルの投資もする」など、選択肢は色々あります。

 

4:専門家に相談して行うのがおすすめです

 

不動産投資の専門家に相談しながら少額不動産投資をすることを推奨します。

 

一般の方が自力だけで行うのも不可能ではありませんが、情報不足・経験不足によって失敗するリスクが高くなります。

 

-資産運用

© 2021 ネットワークビジネス&ネット副業ブログ