プログラミング

プログラミング習得を目指すための学習の始め方!

  1. HOME >
  2. プログラミング >

プログラミング習得を目指すための学習の始め方!

 

特定の業種に関わらず、現在ではあらゆる業種でITを活用したビジネスが行われています。

 

そのような状況であるため、ビジネスシーンにおいてプログラミングは必須スキルとなっており、その習得の必要性を感じている方も多くいらっしゃると思います。

 

今回は、そんなこれからプログラミングを学びたいと考えている方に向け、その勉強の始め方や学習にあたって注意が必要な項目などについて、説明していきます。

 

皆様のプログラミング習得の一助となれば幸いですので、ぜひ最後までご覧いただければと思います。

 

\これからプログラミングやWebデザインを本気で勉強したい方/

自宅で現役エンジニアから学べる TechAcademy

 

初心者が最初に学ぶべき3点

 

初心者がプログラミング習得を目指す場合、最初に学ぶべきは次の3点です

 

  • そもそもプログラミングとはなんなのか
  • 習得するとどのようなメリットがあるのか
  • プログラミングにより実現できることはなにか

 

この章では、上記3点について説明していきます。

 

そもそもプログラミングとはなんなのか

 

プログラミングという言葉自体は誰でもしっていると思いますが、具体的にその内容を説明できる方は少ないのではないでしょうか。

 

実は、内容を簡単に説明すると、「コンピューターが理解できる方式で命令を行うこと」となります。

 

仮に、コンピューターに対して、「2+5を計算して」と指示を行ったとしましょう。

 

残念ながら、コンピューターは日本語を読み解くことができないため、なにも反応しません。

 

実際にコンピューターを作動させるためには、日本語をコンピューターが理解可能な言葉に変換することが必要になります。

 

その言葉のことを、プログラミング言語と呼びます。

 

以上がプログラミングの概要となります。

 

習得するとどのようなメリットがあるのか

 

プログラミング習得を目指す中で、残念ながら挫折してしまう方も多くいらっしゃいます。

 

一朝一夕で習得できるものではなく、ある程度の期間努力を続ける必要があるためです。

 

そのため、まずは取得すれば得られるメリットを理解し、学習意欲を高めることが非常に大切になります。

 

習得すれば得られるメリットには、例えば次のようなものがあります。

 

  • 今後の世界の中心となるIT業界での活躍を目指せる
  • 全世界へ向け、自分が開発したプログラムを配信することができる
  • ロジカルな思考力が鍛えられる

 

これらのことから分かるように、習得することができればこれから訪れるIT社会で重宝される人材となることができるでしょう。

 

プログラミングにより実現できることはなにか

 

プログラミングより実現できることには、次のようなものがあります。

 

  • スマートフォン向けのアプリを開発し、アプリストアで販売することができる
  • 新しいSNSアプリの開発を行うことができる
  • ブロックチェーンやIoT,人工知能などの最先端の技術に関わることができる

 

このように、多くの方が利用するアプリの開発に携わることが可能です。

 

現在もプログラミング関係の技術は日々進化を遂げており、これからも実現可能となることの幅はどんどん広がっていくでしょう。

 

プログラミング習得に向けた第一歩

 

これからプログラミング学習をスタートしようとする方には、次の項目に添って学習を進めていくことをおすすめします。

 

  • なぜ習得を目指すのか整理する
  • 習得するプログラミング言語を選択する
  • 実際に作業をし、コーディングを行う

 

それでは、各項目の詳細を確認していきましょう。

 

なぜ習得を目指すのか整理する

 

まず行うべきは、なぜ習得を目指すのかを整理することです。

 

目的は様々なものが考えられますが、例えば次のようなものがあげられます。

 

  • ウェブ系スタートアップ企業への就職を目指すため
  • 誰もが知っているようなECサイトを作成するため
  • プログラマーとして、ゲーム関連会社へ再就職を行うため

 

プログラミングを習得するためには、学習意欲を継続的に高い状態に保つ必要があります。

 

そのためには、具体的な目標を明確にし、それに向かって学習を進めていくことが欠かせません。

 

習得するプログラミング言語を選択する

 

具体的な目標を整理することができれば、次は習得を目指すプログラミング言語を選びましょう。

 

目指すべき目標により、選択するべき言語は全く変わってきます。

 

ウェブ制作においては、HTMLやCSS、JavaScriptやRubyといった言語が使用されていますし、スマートフォン向けアプリ開発では、JavaやKotlin、Swiftといった言語が一般的です。

 

選ぶ言語を誤ると、一から学習をやり直さなければいけない可能性もありますので、言語の選択は慎重に行いましょう。

 

実際に作業しコーディングを行う

 

学習する言語を選ぶことができたら、あとは学習プランを作成し、学習を進めていきましょう。

 

学習を始めたばかりの頃であれば、実際に作業し、コーディングを行いながら学習を進めることをお勧めします。

 

プログラミングの習得は、体に覚えさせていかないといけない所もあるため、学習には実際に作業を行うことが欠かせません。

 

学習用のウェブサイトに掲載されているチュートリアル等を利用し、作業を行いながら学習していきましょう。

 

学習時に注意しなければいけない4項目

 

プログラミングを学習する際には、次の4項目に注意が必要です。

 

  • 高すぎるハードルを設定しない
  • 丸暗記を目指さない
  • 手は止めずに作業を続ける
  • エラーが出たからといってあきらめない

 

繰り返しになりますが、プログラミングを習得する為には、高い学習意欲を保ち、ひたすら作業を続ける事が大切です。

 

高すぎるハードル設定は、クリアできているうちは問題になりませんが、一度つまずいてしまうと、学習意欲低下の原因になります。

 

丸暗記を目指すのも、とても非効率な方法です。分からないことがあればその都度調べて、とにかく前に進める意識を持って学習に取り組みましょう。

 

また、知識の習得にばかり意識を向けて、実際の作業を行わないことも避けるべきです。

 

作業を行い、そこで発生したエラーを成長のキッカケにしていくことが習得への近道です。

 

ただし、エラー発生時に一人で抱え込み、その解決に多くの時間を費やすことは避けましょう。

 

自分一人で解決することができない問題は必ず発生しますし、そこで余りに悩みすぎると学習意欲低下のもとになってしまうので、ウェブ上の相談サービスを利用するなどして解決することをおすすめします。

 

それでも、習得することができない場合は

 

ここまでの注意点を考慮し、自分で学習を続けたにも関わらず、習得することができない場合は、優秀なメンターが在籍するプログラミングスクールの利用も検討しましょう。

 

当然、スクールに通うためには費用が必要となりますが、専門の講師から適切なアドバイスを受けることができますし、独学とは違い、同じ志を持った仲間との人脈を形成することもできます。

 

皆さんも、最後まであきらめないでプログラミング習得を目指しましょう。

 

\これからプログラミングやWebデザインを本気で勉強したい方/

自宅で現役エンジニアから学べる TechAcademy

 

-プログラミング

© 2021 ネットワークビジネス&ネット副業ブログ